ファイアーエムブレム(FE)ヒーローズのアプリ攻略速報

ファイアーエムブレム ヒーローズのスマホアプリに最適化された戦略バトルを紹介!

本日発表されたファイアーエムブレムシリーズのアプリ版、ファイアーエムブレム ヒーローズ(FIRE EMBLEM HEROES)。
今回はスマホの縦持ちプレイに最適化された戦略バトルを紹介します。

横向きに持ち直す必要がないゲーム画面


バトルは、スマホの画面に最適化された縦8×横6のマップで行います。


 
バトル画面は従来のようにリアリティあふれる戦闘シーン、というわけではないですが、シンプルで見やすくストレスを感じさせない作りになっていると思われます。


 
マップには様々な地形があり、それを考慮した戦略が求められます。場所によっては壁を壊して進むことができたり、飛行型のユニットでないと行けない場所も存在するようです。


 
 

属性による「三すくみ」


今回のファイアーエムブレムの、バトルにおける三すくみは”属性”によって表されます。

 
キャラの左上に表示されているマークが、そのキャラの属性を表しています。

 
属性は下図のような関係性を持っています。「剣・炎」は「斧・風」に強く、「斧・風」は「槍・雷」に強く、「槍・雷」は「剣・炎」に強いです。
戦闘の際はこの関係性を考慮し、有利な戦況を作り出すようにしなければなりません。

 
 

キャラはバトル中に死亡するとやはりそれで終わり?


従来のファイアーエムブレムシリーズでは、基本的には自軍のキャラが死ぬと二度と復活しませんでしたが、ファイアーエムブレム ヒーローズではバトルが終了した時点でまた部隊に復帰します。
ファイアーエムブレムをやりこんだ玄人の方からすれば手ぬるい感じがするかもしれませんが、初心者にとってはやはりありがたい仕様ですね。

 

今回のまとめ


スマホアプリとして開発されたファイアーエムブレムの最新作である「ファイアーエムブレム ヒーローズ」。アプリゲームになったとはいえ、バトルにおける戦略性の深さは何も無くなっていなさそうです。
スマホ版ということで従来と比べるとやはりマップの窮屈さは否めませんが、それでも思いつく戦略をフル活用して戦闘に臨むのはかなりテンションが上がりますよね!

一点突破でギリギリの攻防の末勝利するもよし、計略を張り巡らせて余裕綽々で敵部隊を殲滅するもよし。色々な遊び方ができるので、今から楽しみでなりません!

One Response to “ファイアーエムブレム ヒーローズのスマホアプリに最適化された戦略バトルを紹介!”

  1. 匿名 より:

    横持ちのゲームだと思ってたけど縦持ちなのか
    じっくりやるタイプのゲームだから横持ちの方が良い気がするけどどうなんだろ
    やっぱ縦持ちはなんか集中しにくい

コメントを残す

PageTOP